スポンサーリンク

太刀魚の捌き方「大名おろし」

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

太刀魚頂きました

太刀魚が豊漁のようで、ありがたい事に今年はご近所様から釣れた太刀魚をよく頂きます。

今回は太刀魚の捌き方を紹介しますね。

太刀魚は三枚おろしで、捌き方は大名おろしが適しています。

大名おろしは三枚おろしの一種で、小魚や身の柔らかい魚を骨に身が残るのを覚悟でいっきにおろす贅沢なおろし方から大名の名がついてます。

サイズの大きい太刀魚の捌き方

太刀魚の大名おろし

太刀魚捌き方

頭にカマの部分をつけて切ります。腹を裂いて、内臓を取り出し、中骨に血合いが付いているので、包丁で傷付けるように骨へ包丁をあてます。

腹の部分に黒い膜が付いているので、血合いや膜を、水で洗い流します。

大名おろし

太刀魚をよく拭き取って、包丁を入れていきます。包丁で中骨と腹骨をガリガリと切り込み、包丁を太刀魚に対して、手前の刃元が左側にくる様にして、左手で太刀魚を掴みます。掴んだ太刀魚は右へ、包丁は左へ少し包丁で太刀魚を押さえるように力を込めてスライドさせます。

反対側の身も同じ要領で、最初はガリガリと骨を切り込み、太刀魚を引っ張りながら包丁をスライドさせます。

太刀魚にはアニサキス等の微生物がいる時がありますので、不安な時は腹を落として食べましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする