スポンサーリンク

土用丑は鰻を食べよう!しかし鰻が無くなる?

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

土用の丑

鰻飯の種類のお話こちらです

鰻の棒寿司

鰻の棒寿司

土用の丑の日うんちく

今年も土用の丑の日がやってきました。

冬場に旬をむかえる鰻を夏場になんとか売れないものかと、

鰻屋が平賀源内さんにお願いしたら、

土用丑に鰻を食べようと張り紙をしたそうで

そこから周りの鰻屋が真似をしだして有名になりました。

鰻の危機

江戸時代から現代まで未だに続いているというこの習慣が・・・

無くなるかもしれません!鰻は世界で18種類発見されています。

そのうち日本で食べられている鰻はニホンウナギを筆頭に4〜5種類ですが

m

全て絶滅の恐れありとされています。

もしワシントン条約でニホンウナギ等の捕獲禁止が施行されたら、

鰻は食べれなくなります。

ニホンウナギは天然1%養殖99%ですしかしこの養殖は完全養殖ではありません。

シラスウナギ

シラスウナギ

シラスウナギを捕獲して養殖するのです。

シラスウナギはニホンウナギと育つので条例が施行されたならば

捕獲禁止になります。しかもこのシラスウナギが今年の1月の発表で

未曾有の危機となります昨年の同じ時期の1%しか取れなかったのです。

こうなったら条例待たずにウナギがいなくなるかもしれませんね。

新しい土用の丑

土用丑に関していえば、

実はウナギ限定でなく「う」から始まる言葉の物を

食べようという説もあり今後「う」から始まる

何かがウナギに変わり広まるかもしれませんね。

銀座割烹からお届け【正直屋の宅配お食い初め】