スポンサーリンク

ハマチ大根の照焼き-オリジナルソース-

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

ハマチと大根の照焼き

出世魚

ツバス−ハマチーメジローブリ

ツバスは小さいのであっさりが特徴的です大きくなるにつれて脂が乗ってきますね。冬場が旬のブリは刺身も美味しいですが上質な脂が乗っているので煮ても焼いても美味しいです!

はまち

使用材料

ハマチ100g

大根80g

しし唐2本

オリジナル照焼きソース50cc参考レシピ

作り方

①大根の下処理から始めます。大根は皮を剥いて厚さ2cmでカットしましょう。鍋にたっぷりと水を入れて大根を湯がき箸でスッとさせる位に火が通れば湯から取り出して十字にカットします。

②大根を茹でている間にハマチの下処理をします。ハマチは1枚30g程になるように斜めに切り薄く塩を振りかけて片栗粉をまぶします。

③しし唐を2本を用意しフライパンに油をひきますがハマチにつけてる片栗粉が油を吸う為に少々多めに入れて全ての具材を入れて焼きます。ハマチの両面がうっすらキツネ色になればソースを絡めます!片栗粉がソースをドロっとさせたら火を止めて出来上がりです。

今回は大根を使いましたが野菜でしたら小芋や筍の水煮などの土の下で育つ根菜類が代用出来ます。個人的には厚揚げやコンニャクも一緒に焼くのがオススメですね。

ポイント

魚は種類によって異なりますが、火を通すとパサパサになります。そこで片栗粉をまぶして焼くことでパサパサを防ぎジューシーに仕上げる事が出来ますよ。マグロやハマチ・ブリがパサパサになる魚ですね。今回はオリジナルソースでの紹介ですが、単純に酒・醤油・みりんを同分量で割ったタレでも美味しく仕上げれますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする