スポンサーリンク

畑の肉 大豆の凄さ!

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

大豆の力が凄い!

日本の食材である大豆は畑の肉と呼ばれています。そうなの?と思う方もいると思いますが、確かに日本では然程呼ばれていません。

それもそのはず

畑の肉と呼んでいるのは日本人ではなくて、他国の学者なのです。では、なぜ畑の肉と呼ばれているのかを綴っていきます。



畑の肉と呼ばれる理由

大豆が畑の肉と表現されだしたのは、1885年のウィーン万国博覧会に日本の農産物として大豆が出品されました。それを機にヨーロッパでその栄養価の高さが注目されるようになりました。ヨーロッパの学者達、特にドイツではタンパク質が豊富な大豆を畑の肉と呼び、その名をキャッチフレーズに栽培に取り組んだのですが、ヨーロッパの土壌が大豆栽培には向いておらず、大豆の栽培は失敗に終わりました。しかし、このキャッチフレーズである大豆は畑の肉という言葉が広く知られることになりました。

大豆のタンパク質

なぜ大豆タンパクが注目されたのか?その理由を見ていきます。

そもそもタンパク質とは私たちの身体を作り生命を維持する重要な栄養素です。大豆にはタンパク質が約35%も含まれており、大豆のタンパク質が注目されたのは、その多く含まれているタンパク質が良質だったことです。

良質なタンパク質とは必須アミノ酸と呼ばれる、体内で合成することができないアミノ酸をバランスよく含んでいるタンパク質のことです。さらに、大豆のタンパク質は肉類に近く畑の肉として評価されるようになったのです。



リジン

大豆にはリジンというアミノ酸が含まれています。リジンは肉類に多く含まれていますが、日本人は古来より肉類より魚介類を主材料としてきました。その日本人がリジンをしっかり摂取できたのは、まさに大豆のおかげなのです。

身体を作り生命の源である良質なタンパク質が豊富に含まれる大豆は有名なところで味噌汁や豆腐に納豆以外にも豆乳などでも摂取できます。


豆乳は大豆を湯がき、その絞り汁の事ですが、純粋な絞り汁を無調整豆乳と呼び、飲みやすく加工されたものを調製豆乳と呼びます。

栄養価は無調整の方が良く、適度に飲む事でしっかり身体を作ってくれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする