スポンサーリンク

寿司屋の本格「細巻き寿司」講座

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

細巻き寿司

巻き寿司とは!巻き方のコツ!はこちらから

綺麗な巻き寿司

細巻き寿司の定義

細巻き寿司は巻き寿司用の海苔(全形海苔)を半分に切り巻きすに横長に置いてネタ1種〜2種を巻き込んだスリムな巻き寿司です。

特殊な呼び方の細巻き寿司

地方で呼び方も変わる細巻き寿司ですが数種類ご紹介します

カッパ巻き(きゅうりまき)

河童が地上に出るときに身体が干からびないように水分豊富で身体を冷やす効果がある胡瓜を体に巻きつけて出歩いたという説

鉄火巻(マグロ巻き)

賭博(鉄火場)で手軽に片手で食べられていたところからこの名前がついた説

シンコ巻き(漬物巻き)

たくあんや漬物をお新香と呼びそれらを巻いた物の総称

なみだ巻き(わさび巻き)

そのままですがネタがワサビですのでツーンときて涙が出るって事が由来です

鉄砲巻き(かんぴょう巻き)

巻いたさいに銃身に似ている事からこの名がつきました。

鉄火巻とカッパ巻き巻き方

①材料を用意します

全形海苔を半分にカットします

海苔は水分ですぐに湿気るので乾いたところ(新聞紙の上)やハサミで切るのが良いです。

ネタは大きすぎると巻けないので気をつけてくださいね!

巻き寿司準備

②シャリを乗せる

お茶碗一杯分程のシャリを手で丸めて海苔の中央よりやや上に乗せていきます

③シャリを伸ばす

右側を伸ばす時はシャリが海苔から飛び出さない様に右手で防波堤を作り左手で伸ばします。

左側を伸ばす時はそれを逆にし、最後に中央を両手で伸ばします。

海苔の奥側は糊しろとして少し空けて置きましょう

④ネタを置きます

ワサビを中に入れ込む時はシャリにワサビを塗ってからネタを置きます

⑤巻きすを利用して巻く

巻く時は2回転がせて巻きます。

巻きす手前を持ち上げてネタに被せますがコツとしては親指と人差し指で巻きすを持ち上げ残りの指で海苔がズレない様にネタを支えます。

シャリの手前と奥を合わせる様にかぶせましょう。

⑥巻きすで形を作る

糊しろが下に来るようにコロンと回転させて巻きすで細巻きの形を作ります。

⑦細巻きを切る

巻き寿司を切る時は包丁にシャリがひっつくと巻き寿司がズレて切りにくいので濡れ布巾で包丁を拭きながらカットします。

基本の形は6等分に切ります真ん中を最初に切り続いて片方を動かし二列に並べて3等分にします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする