スポンサーリンク

ビタミン2倍!大根の皮キンピラ

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

キンピラという料理

料理方法はゴボウなどのシャキッと堅い根菜を、醤油と砂糖で甘辛に炒める料理です。名前の由来は江戸の初期に流行った人形劇に出てくる坂田金平という若者に因んでキンピラと名ずけられました。この若者はとても強く、堅いものや強いを連想されるものはキンピラと呼ばれたそうで、根菜の堅さや鷹の爪のピリ辛からゴボウを炒めたものをキンピラと呼んだということです。

大根について

大根はほぼ水分というイメージもありますが、しっかりと嬉しい栄養素を沢山持っています。大根自体は大地からたっぷりと栄養を吸った根っこが大きくなったものなので栄養たっぷりなのですが、お日様の光を浴びている大根の葉も栄養素の宝だが、皮の部分も中身に比べて栄養素が高くビタミンCは2倍含まれています。

大根の皮キンピラ 調理時間 10分

大根の皮が溜まってきたのでキンピラにします。皮の使用量は450gです。

大根の皮はマッチ棒位の大きさに千切りします。

フライパンに油を注いで皮を炒めます。混ぜながら全体に油が回ったら砂糖を30g入れて混ぜ炒めます。

大根の皮がしんなりすると濃口醤油を80cc注いで炒め煮にします。

3分ほど炒めて醤油が絡んだら出来上がりです。お好みでゴマや一味を振りかけます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする