スポンサーリンク

野菜の切り方 基本型

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

野菜の切り方

料理を作る過程で料理に合った切り方をします。

均等に火が通るように切る

見栄えがよくなるように切る

食感を料理に合わせて切る

切り方ひとつで味にも大きく影響したり、切り方を覚えておくと料理の幅が広がりますね!

基本型

イチョウ切り・半月切り・輪切り

丸い野菜の切り方です。代表的な野菜は大根・人参です。

レシピ書で登場するのはブリ大根レシピで大根の切り方 1cmの輪切りとかがあります。

短冊切り・千切り

輪切りにして1cm幅で切ったのが短冊切りで輪切りにして細く切ったのが千切りですキャベツや玉ねぎは切りやすいようにカットしてスライスすると千切りになりますが、大根・人参は輪切りにしてからスライスします。

みじん切り

千切りにしたものを横にしてスライスします。

拍子切り・さいの目切り

拍子切りはイメージとしてはマッチ棒の様に切ります。さいの目切りはサイコロの様に切ります。

胡瓜や牛蒡のみじん切りまでの流れ。

短冊切り→千切り→みじん切り

乱切り・小口切り

乱切りは胡瓜に対し包丁を斜めに入れ、胡瓜を回しながらカットします。乱切りは断面が多くその分味が入りやすくなりますので筑前煮を作る時に牛蒡は乱切りにします。

くし型切り

くし型切りは皮を下にして半分カットを繰り返せばくし型になります。以上が切りかたの基本型となりますがまだまだ切りかたは色々あります。しかしサイズが変われば呼び方が変わるって事です。切り方には応用編がありますがまずは包丁に慣れてからですね。

胡瓜の応用編

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする