スポンサーリンク

七草粥を食べて無病息災を祈願する

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

春の七草

春の七草

春に向けて生えてくる野草で、七草は道端で見かける事もある身近な野草です。野草には様々な効果が期待されております。

七草粥

七草粥

1月7日は人日の節句・七草の節句とも呼ばれる五節句のひとつです。この日に七草粥を食べて無病息災を祈願するという文化が日本にはあります。

せり

セリの効果は消化を助け黄疸をなくすといわれてます。

春の七草

なずな

なずなは別名をぺんぺん草と呼びます。効果としては視力、五臓に効果があります。

春の七草

ごぎょう

ごぎょうは別名ハハコグサと呼ばれています。効果としては吐き気、痰、解熱によいとされます。

春の七草

はこべら

はこべらは別名はこべと呼ばれます。効果としては歯茎、排尿によいとされます。

春の七草

ほとけのざ

ホトケノザは別名タビラコと呼ばれます。効果としては歯痛によいと言われています。

春の七草

すずな

すずなの別名はかぶらです。効果としては消化促進、しもやけ、美容によいと言われています。

春の七草

すずしろ

すずしろの別名は大根ですね。効果は咳止め、神経痛によいと言われています。

春の七草

節句に合わせてスーパーなどでも販売される七草を刻んで粥に入れるだけですので、無病息災を祈願しながら食べてみてはいかがでしょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする