スポンサーリンク

大阪「浪速のイカ焼き」と福岡「むっちゃん万十」

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

イカ焼きの発祥

イカ焼きは大阪桃谷の古くからある大イカ焼きの亭主が発案されました。

本来イカ焼きといえばポッポ焼きと言いましょうか、甘辛タレで仕上げたイカの姿焼きを連想しますが関西では薄い生地にイカの切り身を入れたお好み焼き風に仕上げます。

イカ焼き

関西のイカ焼きは生地とイカを鉄板で上下両面をプレスして高温で一気に焼き上げます。家庭にプレス機なんて置いていないと思うので今回はフライパンで再現してみました!

地元福岡のむっちゃん万十

余談ですがイカ焼きは今では全国のお祭り屋台で見かけます。初詣や夏祭りに出かける度に思うのですがむっちゃん万十をご存知でしょうか?私の地元は福岡ですが屋台でむっちゃん万十をよく食べていました。見た目はたい焼きっぽいが中身はハムエッグで凄い美味しいのです。

むっちゃん万十

なぜむっちゃん万十が全国の屋台で並ばないのかが不思議なのです。福岡に行ったときはラーメンより食べていただきたい逸品ですねw

フライパンでイカ焼きレシピ

①使用材料 1人前

イカ焼きの生地

小麦粉20g・強力粉10g

玉子1個・水70cc

ほんだし・塩 各ひとつまみ

強力粉を入れる事で生地に弾力がつきます

②生地作り

ボールに粉と玉子を入れてよく混ぜます。先に混ぜる事でダマになりにくくなります。

出汁と塩を入れてよく混ぜます

②焼き入れ

フライパンに油を注し生地を流し込んでイカのスライスを入れます。

フライパンをゆすり生地が動けばひっくり返しフライ返しで押しながら焼き上げます。

両面焼けたら端っこからくるくる巻きます

③完成

お好みのソースとマヨネーズをかけたら完成です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする