スポンサーリンク

茄子のナスニンを効率よく摂れるレシピ「皮ごと焼きナス」

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

茄子は栄養素ゼロ?

茄子

夏から秋にかけて旬を迎える茄子は煮たり焼いたり揚げたり、

また漬物や味噌汁の椀子にも使えて何かと出番の多い食材です。

しかしナスは「栄養が無いので食べても意味がない」と言う人もいますね。

「栄養がない」食材なんて無いのですが茄子はどうでしょうか?

ナスに含まれる栄養素 100g当たりの値
エネルギー 22kcal
水分 93.2g
食物繊維 2.2g
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB2 0.04mg
ビタミンB6 0.06mg
ビタミンC 4mg
カリウム 220mg
カルシウム 18mg
0.3mg

確かにそのほとんどが水分ですね!しかし茄子にはカリウム鉄分など

体に嬉しい必要な栄養素が含まれます。

カリウムは体内の余計な塩分を排出してくれます。

カリウムが不足するとむくみの原因になります。

ナスニンとは

この嬉しい栄養素よりも、

ナスにはすごい効能を持つ成分が含まれています。

ナスの皮は美しい紫色をしていますが、

実はこの紫色は「ナスニン」と呼ばれる成分。

これはポリフェノールの一種で抗酸化作用をもちます。

抗酸化作用が高まると、体内の老化を抑制します。

さらに血液をサラサラにしたり血管を丈夫にする効果があるため、

血液サラサラの動脈効果の予防に繋がります。

ナスニンをもっとも摂取できるレシピ

ナスニンは油との相性は抜群ですが、水との相性は最悪です。

ナスニンは油と共に食べると体内への吸収力がアップしますが

水につけると溶けてしまいます。

なので水を使わず皮ごと摂取できる上に

茄子は油の吸収力が凄いので、油を最小限に抑えたレシピです。

①茄子に切り込みを入れます

火の通りを良くする為です。

②茄子に油を塗ります

唐辛子の焼き浸しなどでもですが、油を塗る事で焦げを防ぐ上に

ナスニンをより吸収できる様になります。

③網で直接焼きます

何度もひっくり返し高温で一気に焼き上げます。

茄子を押して柔らかくなっていたら火が通った証拠です。

④カットして盛り付け

皮付き焼きナス

通常焼きナスは水に落とし焦げた皮を剥きますが

油を塗る事で焦げていないので、

そのまま水に落とさずカットし、

カツオ節とおろし生姜を添えます。

油を最小限に抑えたナスニンたっぷりの

皮ごと焼きナスです。

茄子は身体を冷やす効果がありますので

食べすぎに注意して下さいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする