スポンサーリンク

おばんざいと惣菜の違いをちょっと詳しく知ろう

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

おばんざいの歴史

おばんざい

おばんざいって何?と聞かれたら惣菜か京都の惣菜を連想すると思いますが、なぜおばんざいと呼ぶのか?おばんざいの定義って何なのかを簡単に紹介します。

おばんざいは京都のおかずを指します。いわゆる惣菜なのですが、京都ならではの歴史があり、そこが一般的な惣菜とは違うのです。

おばんざいの由来と定義

おばんざいは漢字で書くとお番菜と書きます。番という字は番茶でも使われますが日常的を指します。日常的惣菜と言い換えると分かりやすいですね。いわゆるお店で仕上げた惣菜ではなく、お金を取らない家庭的な惣菜という定義があります。

家庭的な惣菜ですが京都ならではの習慣があります。ロスなく食材を使い切るということです。京都では日持ちしない惣菜をメインに使って、足りない分を日持ちする惣菜で補う事で腐らせたり、食べれる部分はしっかり使い切る事でロスが無いようにする習慣があります。

おばんざいをまとめると、日常的に家庭で作られ、ロスを無くすために工夫された惣菜ですね。

加工された料理を惣菜と呼びますので、おばんざいも惣菜ですが、京都の歴史があります。考え方によっては惣菜とおばんざいは違うのかもしれませんね。

お店で仕上げた惣菜は売りものですので、器や作り方もこだわって作ります。家庭では再現できない料理を作るのが職人ですからね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする