スポンサーリンク

飲食新店舗オープンまでの流れ日記

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

新店舗探し

現在働いているお店から2店舗目を出店しようという話になりました。店舗探しからオープンまでの軌道を紹介したいと思います。

様々な方からお話を聞いたり、アドバイスを頂いたりと、まずは新店舗オープンに対しての情報集めから始めました。

人の話に揺らぐことなく、最終的に判断するのは自分という事。これを念頭に立地と家賃を含むランニングコストや売上の見込みを何度も頭で考えてお店を探しました。

居抜きがあれば初期投資は抑えれるが、居抜きということは前の店が閉店した事を指しますので、なぜ前の店は閉店したのかなどの情報も聞いておかなければなりません。

今回の新店舗で探した条件が、都会から外れたところ。これは単純に家賃などお金の問題もあるが、条件2として考えていたライバル店が少ない場所というのがあります。ライバル店が少ないというのは、それだけ店の数も少なく人通りも少ないとなるが、街のオンリーワンにもなりやすいと考えました。

街の外れなので、値段設定も地域に合わせたうえで利益が確保できるかを漠然と考え、探していたところ遂に店舗が見つかりました。

新店舗オープン

店舗内は壁や床を直さなければいけないが、10坪の小さいお店からやろうと思っていたので場所や店のサイズは探してたところと合ったので決めました!

次にやる事は改装費と設備費に運転資金でいくら必要かを割り出します。店舗を借りるにあたり、大家さんが何をしてくれるのか等も話し合います。

工務店さんや調理機材屋さんを呼んで、ガスの位置や水道の位置を含め、冷蔵庫や棚等のサイズなどを測ってもらいます。私の場合は図面をザックリと書いて自分の構想を伝えました。

全ての見積もりが3日間程で揃いました。

かかる費用がおよそ350万

貯金と金融機関から融資を受けて何とか揃えました!経費はオーバーするもとして少し多めに用意しましたね!

新店舗オープン

まずは少しでも街の方々に認知してもらえるように看板をつけました。工事前に迷惑おかけしますと挨拶回りも行います。

予定通り工事が終わりました!

新店舗オープン

壁や床に天井のクロス張替えにエアコンと看板にガス工事と水道工事に電気工事、ネット工事や備品搬入まで終わったらゴミ屋さんと契約して、店内装飾やメニューに椅子とテーブルを用意して店を仕上げていきます。ここまでは不安もありましたが、良いことばかり考えてきました。絶対流行るとか、街に必要とされる店作りをしようとか。ここからは様々な出来事に対応出来るように、起こりゆる問題事を考えるようにします。店に合わない方々の対応策やお客様が来ない時の活動方法など融資の時に必要となる活動計画書をしっかり見直します。考えて考えて考えても考え足りないと思いますが、マイナスになった時にどうするか、どう動くかをしっかり構想できていれば不安が少しマシになりましたね。

新店舗オープン

新店舗オープンに向けてお花もたくさん頂きました。次回はオープンしたお店の活動を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする