スポンサーリンク

今年は豊富 水洗いから刺身まで「新サンマの造り」

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

サンマの旬と栄養価

サンマの旬は9月から10月にかけて出回ります。脂がのってくるのは9月中旬ごろからですね。サンマには不飽和脂肪酸というDHAとEPAが含まれており脳の神経細胞に働きかけ、血液をサラサラにする効果があります。その他にも鉄、カルシウムといった無機物にビタミンB2も豊富に含まれています。脂の乗り良しのサンマは食べ過ぎると太るのではと思いますが、サンマに含まれるビタミンB2は脂肪を燃焼してくれる栄養素ですので旬の美味しい秋刀魚をどんどん食べちゃいましょう!

新サンマ

サンマの調査

そもそもなぜ今年のサンマが豊富なのかが分かるのかって話しですが、サンマは太平洋の中央部から産卵に向けて世界中に散らばります。そこで日本周辺に来たとこを漁獲するのですが、サンマは毎年日本に向かう量がバラバラで昨年のデータなどが役に立ちません。そこで6月頃にどれくらいのサンマが日本に向かっているかを調査されています。なので今年の7月から始まったサンマ漁も当時は不漁でしたが8月に入り豊漁になるという事が事前の調査により分かっているのです。しかしサンマも生き物ですので予測の範囲内ですけどね!

サンマの棒寿司はこちら

水洗いから刺身まで

水洗い

①頭を左に向けて尻尾から頭に向けて包丁でなぞりながら鱗を取ります

②頭にヒレをつけて垂直に落とします

新サンマ新サンマ

③腹ヒレの部分が硬いので注意しながら腹を割ります

④内臓と血合いを水で綺麗に洗い流し腹ヒレを丁寧に取り除きます

新サンマ新サンマ

二枚おろし

①頭側を右に置き、腹ヒレと中骨がひっついているので包丁の切っ先で外しながら皮が見えるまで骨になぞっておろします。

④包丁を水平に傾けて中骨の下を切って、骨を外します。

新サンマ新サンマ

刺身

①包丁で腹骨の下をなぞりながら外します。

②尻尾の身を少し切り込みを入れて、包丁のミネをまな板にしっかり当てて皮を剥ぎます。左手で尻尾を抑えて包丁を動かします。勢いよく動かした方が綺麗にむけますよ。

新サンマ新サンマ

③指で骨を確認しながら骨抜きで丁寧に抜きます。

④切り方はそぎ切りでも斜めに平造りでも良いです。今回は縦に1回切って等間隔にカットして俵に盛り込みます。

新サンマ新サンマ

刺身の切り方はこちら

完成

サンマは臭みのある魚なので、わさびより生姜醤油がオススメですよ!

新サンマ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする