スポンサーリンク

せこがに簡単な剥き方-プロ直伝-

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

せこがにを知ろう

蟹は毛ガニや渡り蟹は形が違うが、それ以外の一般的は蟹はズワイガニです。ズワイガニが地方各地で松葉がになど名前を変えて呼ばれています。

せこがにとはなんだ?

この蟹もズワイガニです。大きなズワイガニが雄で、小さく卵を持つズワイガニがせこがにですね。

小さく食べるとこが少ないからせこがにではなく、セイコガニという名前が略されてせこがにと呼ばれています。

せこがに

せこがに簡単な剥き方

小さいので剥くのが難しそうですが、やり方を覚えてしまえばとても簡単です!

お腹に外子を持っているので、手で外します。お茶漬けにすると美味しいですよ!

せこがにせこがに

蟹の足をハサミで切ります。足の付け根は腹側に残して、足の甲羅をカットしまて下さい。身の出し方は、すり棒を用意します。なければ瓶ビールでもよいので、足の付け根から力を入れて、転がしながら身を出します。

せこがにせこがに

腹と甲羅を外します。口の部分を、親指で押さえて、両手で剥きます。腹の両サイドにビラビラがついているので、取り除きます。

せこがにせこがに

外子以外の食べる部分を甲羅の内側に入れます。腹には身以外に内子と味噌があるので、この時点で内子と味噌を甲羅に箸でのせます。残りの腹を縦にカットし、カットした腹を割ります。割り方は足側に向かって腹中央側から包丁を入れて割ります。

せこがにせこがに

腹についた身をかき出します。身は甲羅に入れますが、ちょっとしたコツがあります。箸などで身をかき出す時に足側を下にすると、身がひかかって取れにくいです。なので足側を上持ちながらかき出しましょう。

せこがにせこがに

以上がせこがにの剥き方です。慣れて来たら10分以内にできますよ!!

せこがに

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする