スポンサーリンク

「選食力」を身につけよう!

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

選食力ってなんだ?

生きる力=選食力

食は私達が生きていく上で絶対に必要な事です。その絶対に必要な食についてどれだけのことを知っていあるのだろうか?昔は家庭で食育(食の教育)を教えていた時代だったが、現代ではその機会も減ってきています。食育の基礎は選食力です!元気な身体と心を養い維持する為には何をどれだけ食べたら良いかを考える力です。

大きく分けて選食力は3つ

①旬を感じる

旬の食べ物は美味しく栄養価も高いです。旬を知り旬を取り入れ旬を感じる事が大切です。旬の食べ物はその季節ごとに必要な栄養価を持っています。旬を感じる事は豊かな感性を養う事にもつながります。

野菜や魚介には四季折々の旬があります。食事に行く時や買い物に行く時は旬を考えてみてはいかがでしょうか!

旬カレンダー

1月 2月 魚介 ぶり フグ ひらめ ワカサギ 野菜 レンコン 大根 ほうれん草 セリ
3月 4月 魚介 タイ さより 白魚 しらす    野菜 ウド 玉ねぎ 菜の花 たけのこ
5月 6月 魚介 あゆ いさき カツオ メバル 野菜 アスパラ キャベツ ジャガイモ そら豆
7月 8月 魚介 太刀魚 スズキ カンパチ アジ 野菜 枝豆 オクラ 胡瓜 ナス 冬瓜
9月 10月 魚介 カツオ サケ 秋刀魚 ハモ  野菜 ミョウガ かぼちゃ 木の子 かぶら
11月 12月 魚介 うなぎ 鯖 カマス コハダ 野菜 芋 白菜 春菊 ゆりね ブロッコリー
春 稚魚や山菜など新物の時期
夏 土用の丑や風物詩などのイベントやウリ科の野菜が豊富
秋 中型の魚がこぞって産卵期に入り野菜は木の子が豊富
冬 マグロを始め大型の魚や鍋に登場する魚と野菜が旬の時期

②安心・安全を知る

スーパーなどで買い物をする時に商品についてる食品ラベルです。

賞味期限や原材料を見てアレルギーの物が入っていないかなどのチェックは当然なのですが栄養成分表示もチェックしましょう。例えば炭水化物は糖質なので糖尿が心配な方は気にした方が良いでしょう。成人男性の目安だが熱量2650・たんぱく質60・脂質74・食塩相当量9が1日に必要な摂取量だ。未成年者や女性は数値が変わるのですがなかなか覚えれるものではありません。しかし元気な身体を作る為の数値なので少しづつ気にして頂きたい。

食塩相当量はナトリウムと書かれている時もあります。

食塩相当量=ナトリウム×2.54÷1,000この数式で弾き出せます。

③健康バランスを考える

栄養素は身体を作る基礎です。足りなかったり多すぎると体が警告を始めますのでしっかりバランスのとれた食事をしなければなりません。

バランスのとれた食事は一汁三菜が取りやすいです!「こちらを参考にして下さい」

栄養素は大きく5種に分かれます タンパク質 脂質 炭水化物 無機質 ビタミンです。これを5大栄養素と呼びます。

タンパク質は身体を作ります。

脂質は力の源であるエネルギーを作ります

炭水化物は身体と脳を動かします

無機質は鉄とカルシウムで強い骨作りや血液を作ります

ビタミンは身体作りのサポートをします

身体は食により作れるものです!美味しいものや好みの物を食べるだけが食ではないという事を考えてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする