スポンサーリンク

男の玉ねぎの剥き方・切り方

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

玉ねぎ

色々な料理に使う玉ねぎだけに、皮の楽な剥き方や切り方を覚えちゃいましょう!

剥き方

剥き方のコツは水にあり、天と地を切り落とします

①皮と中身の間に水道水を流し込み、水圧で皮を剥がす方法

②水に漬け込む事で皮がふやけるので剥きやすくする方法

確実に剥きやすくなるのはこの2点ですが、包丁の使い方ひとつでサッと剥く方法もあります。包丁の刃元で皮を少し剥き、包丁を持っている親指で皮を押さえて剥く事が出来ます。

切り方

サラダとしてスライスする分にはそのままスライスを行えば良いですが、形を揃えたいときは輪切りにカットし、ほぐしてからカットします。こうすると中央と外側の大きさを合わせる事が出来ます。また煮物などでじっくり炊くときは切り方で食感を残すかトロっとさせるかが決まります。

上下に繊維があるのに対して横に遮断する様に切る事で炊いた後トロっとなります。

こちらは繊維に沿って切る事で形と食感を残します。

簡単みじん切り

玉ねぎのみじん切りは芯を残して切り込みを入れてってやり方がよく紹介されていますが結果的にみじん切りになれば良いと言う事で、①玉ねぎの形を残しながらスライスします ②向きを90度変えて十字にらるようにして刻みます。 ③お好みの大きさになるまでザクザク切ります。

性質

玉ねぎといえば切る事で涙が出ますね、原因は涙の出る成分で繊維が潰れ空中に散布するからで防ぐ方法はよく切れる包丁で素早く切る事です。

湿気が多い所に置いておくと、どんどん芽が出てきますので芽は栄養素を吸うので味も栄養価を損なわれます。

芽が出だしたら半分にカットして、芽と中心部を取り除きましょう。保存方法は皮が付いている場合、涼しいとこに置いとけば大丈夫ですが包丁でカットしたものは痛むのが早いので、ラップを巻き冷蔵庫に治しましょう。

玉ねぎは中腐りをします。中央から腐っていくので痛んだ所だけ外せば使えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする