スポンサーリンク

太刀魚の捌き方「特大サイズのコツ」

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

太刀魚の三枚おろし

通常太刀魚は大名おろしにしますが、今回はサイズが大きい為に大名おろしで無理に捌くと骨に包丁があたり身がボロボロになる可能性があります。

本来大名おろしは小魚や、身の柔らかい魚をおろすときに仕様する技法ですが、サイズが大きく身が柔らかい太刀魚は大名おろしをするのでなく綺麗におろせる方法を紹介します。

大名おろしのやり方はこちら

水洗いをします。頭を落とし、腹を割り内臓を取り除き、血合いを掃除します。

しっかりと水気を拭き取ってからおろします。腹を手前側におき、中骨と腹骨の部分がひっついている部分を包丁を押すときに力を入れて外します。

サイズの大きい太刀魚は当然中骨も大きく、大名おろしで腹を裂くと骨に身が残りますので、骨を外し、そのまま骨に沿って身をおろします。腹の部分までは、中骨が背側にだけ伸びているが、腹の付け根から尻尾までは、中骨が左右に伸びています。腹の部分までは丁寧に身をおろし、骨が左右に伸びているところからは、包丁を横にして、おろした上身を持ち上げながら、大名おろしで尻尾までおろします。

続いて反対側の身をおろします。三枚おろしの容量で皮に切り込みを入れて中骨と腹骨を外します。こちらの身も中骨が左右に伸びているところからは大名おろしにするので、腹の部分だけを丁寧におろして骨を外します。

大きい太刀魚には寄生虫が入っている可能性が多いので、おろした身を必ずチェックして下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする