スポンサーリンク

久々に食べると美味いな〜って思える「チキン南蛮」

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

チキン南蛮 名前の由来

チキンは鶏で分かりやすいが南蛮ってなんだ?って思いますよね。16世紀の話になりますが、ポルトガルやスペインとの貿易を南蛮貿易と呼ぶのはご存知でしょうか。貿易を得て日本に入ってきた物や文化に南蛮の文字が入る訳だが、食材もその一つなのです。ポルトガルやスペイン人は東南アジア一帯を南蛮と呼んでいたのだが、日本はポルトガルやスペインの事を南蛮と呼び、貿易で輸入された唐辛子の事も南蛮と呼んだそうです。なので唐辛子を入れて作った酢を南蛮酢と呼び南蛮酢に漬けた物を南蛮漬けと呼ぶようになりました。

ポルトガルやスペイン人はネギが大変お気に入りでネギの事を南蛮と呼ぶようになった事からうどん屋やそば屋ではネギを使ったカレー南蛮や鴨南蛮そばなど南蛮と呼ばれる商品が誕生していきます。

チキン南蛮の発祥

昭和中期に宮崎県でロンドンという洋食屋で働くシェフがまかないで作っていた鶏の胸肉を玉子の衣で揚げて南蛮酢に潜らせた料理がチキン南蛮の発祥です。チキン南蛮が世に出た説は2通りあって一つはロンドン出身のシェフが宮崎県延岡の大衆食堂でメニュー化したチキン南蛮、このチキン南蛮はタルタルがついていません。もう一つが同じくロンドンのシェフが宮崎県延岡でタルタルを着けてメニュー化したチキン南蛮で、タルタル無しの直子の店とタルタルありのおぐらは、お互いが元祖という事で現在も親しまれています。

どこか懐かしいチキン南蛮レシピ

もともと鶏の胸肉が支流でしたが現在はもも肉が支流となっていますね。

使用材料

鶏モモ肉 塩 小麦粉 とき玉子

付け合わせサラダ タルタルソース

南蛮酢

手づくりの場合は水600 酢300 薄口と味醂と酒100 砂糖150 玉ねぎスライスと鷹の爪を加えてひと沸かししたら完成です。

作り方

①鶏モモ肉を一枚8カットします。大体一枚50g前後になります。

②軽く塩を振り小麦粉をまぶします。余分な小麦粉をはたいて溶き卵に潜らせて揚げます

チキン南蛮チキン南蛮

③180度の油で6分間揚げます。

④揚げている間に、付け合わせのサラダと南蛮酢を用意しておきましょう。

チキン南蛮チキン南蛮

⑤揚がった鶏肉は熱い間に、南蛮酢に衣が一気に酢を吸い込むのでサッと潜らせます。お好みでタルタルソースをつけたら完成です。

チキン南蛮チキン南蛮

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする