スポンサーリンク

「豚足塩焼き」と「テビチのトロトロ煮」

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

豚足の栄養価

豚足はタンパク質のほとんどがコラーゲンやエラスチンで、ともに肌を内から支え、肌のハリや弾力、潤いを保ち、シミやシワなどを防ぐ働きがあります。その他にも血管の弾力を保って動脈硬化を防いだり関節痛の予防にも効果があります。また、必須アミノ酸のひとつであるロイシンが含まれています。ロイシンは、筋肉を強化して筋肉を失わせないようにする効果や肝機能の向上に効果や、疲労回復が期待できます。豚足はその他にも嬉しい栄養価が豊富ですが脂質も多く含みますので食べ過ぎには注意が必要です。

テビチ

テビチ

沖縄では豚足をテビチと呼びます。主な郷土料理は甘辛煮やおでんのネタとして使われています。福岡では塩焼きが有名で、今回は塩焼きと甘辛煮を紹介します。

豚足の割り方

豚足は横に輪切りカットされてる物もありますが、カットされていない場合は横には包丁ではきれませんが縦に割ることが出来ます。

豚足の裏側の皮を縦に切ります。指の付け根から包丁の刃元でググっと力を込めて切ります。

豚足豚足

根元まで包丁を入れて骨にあたったら包丁を抜き、両手で豚足を裂くように引きちぎります。ちょっと荒技ですが豚足の割り方です。

豚足

レシピ

下茹

豚足の下茹は臭みを消すために生姜・ニンニク・白ネギを入れて茹でます。生姜は皮ごとでニンニクは包丁の面で潰して茹でます。白ネギは青いところで大丈夫です。たっぷりの水から茹でて、最初は強火でアクを取ります。アクが落ち着いたら中火でグラグラ茹でます。2時間30分程茹でると茹で汁が乳化し白濁してきますがいわゆる豚骨スープです。途中水分が減り豚足がスープから出ていたら豚足が浸る位水を加えます。

豚足豚足

塩焼き

下茹でが終わると豚足をスープから取り出して、塩を振り皮面を全体がこんがりキツネ色になるまで焼きます。

豚足豚足

キャベツを茹でて豚足塩焼きを盛り付けてレモンを添えたら出来上がりです。皮はパリパリで中はトロトロです!お好みでポン酢につけて食べるのもおすすめです。

豚足

トロトロ煮

一緒に炊くものを用意します。根菜類がおすすめですね、今回は大根と玉子を用意しました。下茹したスープをザルで濾して、スープの量が少ない時は水を加えてから調味料を足します。スープに対して調味料は10対1の割合で炊きます。スープが1500ccだったので水を500足して2000ccにし調味料は濃口醤油200cc 酒200cc ザラメ糖200gを加えて煮込みます。火力は中火でコトコトさせながら炊きます。

テビチ煮テビチ

1時間煮込みスープが減ってきたたらタマリ醤油50cc水飴スプーン一杯分を加えて強火で3分煮込めば完成です。水飴を入れることで照りが出るのでツヤツヤの豚足甘辛煮になりますよ。

テビチテビチ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする