スポンサーリンク

赤味噌で秋鮭のちゃんちゃん焼き

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

郷土料理ちゃんちゃん焼き

北海道の郷土料理である「ちゃんちゃん焼き」は魚と野菜を蒸し焼きにした料理です。主に使われる魚は鮭ですが、タラやホッケなども使われます。蒸し焼きのタレは味噌ベースのタレが多いですね、味噌の辛味と砂糖とみりんの甘味を合わせて作ります。

ちゃんちゃん焼きの由来は沢山あります。せっかち親父がちゃっちゃと作る料理だったり漁師の弟子っ子がちゃんちゃんこで身を隠しながら焼いた鮭を食べた事など言われは色々です。

赤味噌の特徴

味噌も色々ありますが、それぞれ製法が違い味や風味が違います。味噌は味の特徴を押さえていれば様々な場面で登場する日本特有の食材です。甘味があり塩味が控えめな白味噌に対して赤味噌は熟成期間が長いためコクがあり、鮮度を保つ為に塩分を多く加え塩味が強いのです。

秋鮭のちゃんちゃん焼きレシピ

材料は鮭と野菜炒めで使用する野菜です。キャベツ、もやし、人参、玉ねぎを使いました。鮭は薄く塩を当てて小麦粉をまぶします。

ちゃんちゃん焼き ちゃんちゃん焼き

鮭をフライパンで両面焼きます。焼いた鮭をフライパンから移して野菜をフライパンに加えて、焼いた鮭を野菜の上に戻します。

味噌タレを作ります。コクと塩味が強い赤味噌に砂糖と酒、みりんをよく混ぜます。

赤味噌 50g 砂糖 10g 酒・みりん 100cc

ちゃんちゃん焼き

タレをフライパンに加えて蒸し焼きで10分強火で蒸し焼きにします。

味噌の辛味と調味料の甘味に加えて赤味噌の独特なコクと風味が食欲を引き立てます。

ちゃんちゃん焼きちゃんちゃん焼き

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする